窯焚き

炭焼き窯が出来たので 窯焚き手順を 少々

火入れ  炭材を詰めて蓋をしたら 土をかぶせてよく叩き締めます

      準備が出来たら いよいよ火入れ

      火入れをしたら空気(煙)が漏れていないか良くチェックします

      漏れている個所には捏ねた粘土を 叩きつけて補修します

      自然(じねん)に入るまで 時々オキを出しながら 焚き続けます

自 然  自然までの目安は およそ5~6時間

      自然に入ると きわだ煙が出て 強烈な刺激臭がしてきます

      このときの煙突から出る煙の温度は 約80℃

      自然に入ったら 煙突と同じ断面積程度に焚口を閉めて 薪の補給は終了

窯止め  窯止めまでの目安は およそ12~15時間
   
      煙が青色から 無色透明に変わったら 焚口を粘土で密封します

      焚口を密封したら 20~30分 精錬(ねらし)をおこないます

      精錬が終わったら 濡れタオルとアルミホイルで煙突も密封します

     
窯出し  窯が冷え切らないうちに空気が入ると再着火 今までの苦労が水の泡(灰)!!

      窯が冷えるまでの目安は およそ15時間ほど

      冷えたら 上の土をどけて 炭出しです

      うまくいけば 10~15㎏の炭が・・・

         炭火  やっぱり炭火は暖かい 美味しい


こんなものも ブロッコリー他          竹・ドングリ・他
         ブロッコリー・松ぼっくり          竹・ドングリ・トウガラシ
          レンコン・クリ

木材や竹だけでなく 松ぼっくりや木の枝 野菜や果物 花なども

楽しみかた 自分流です

あなたも これで 炭焼き名人   奥会津で楽しんでください!!
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

三笑窯陶遊

Author:三笑窯陶遊
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR