春一番

そうそう 屋根雪を下ろす前に 出入り口の雪囲いをしなくては・・・

11月に手が回らず 2か所の出入り口の雪囲いがまだでした

IMG_0090.jpg

すでに 1m以上の 雪が・・・

IMG_0091.jpg

入り口のガラス戸を掘り出して 板で覆いました ふぅ~!!

今日はここまで  温泉の後は やっぱりこれですよね

IMG_0101.jpg

昭和村への途中 会津田島の国権酒造では 新春用の春一番が絞りあがって・・・

温泉のあとは 湯豆腐と美味しい絞りたて 何とも言えませんね

IMG_0103.jpg

なんて報告していたら 今日は はや大晦日!!

今年一年 本当にお世話になりました どうぞ良い年をお迎えください

IMG_0067.jpg

あと数時間で 2015年 新年を迎えますが  馬と羊  申し送りの真っ最中です
スポンサーサイト

窯場の雪

雪は本当に 分け隔てなく降ってくれます

窯場の周りじゅう ちゃんとすべて雪でした

IMG_0093.jpg

台所の外 巻き込んでいた雪を落として 軒の雪を切りました

IMG_0094.jpg

煙突も 窯場の屋根も ご覧の通り

IMG_0084.jpg

ここが問題!! 窯場の屋根雪と母屋の屋根雪がくっついて動かなくなっています

     IMG_0099.jpg

建物西側に積み上げた薪にも・・・ 雪の下の薪は 以外にも乾燥しています

薪は来年までこのままとして さてさて 屋根雪を下ろさなくては・・・

雪の中から

昨夜 雪の中から戻りました

少し早目に 帰ったはずなのに 途中で寄ったコンビニに忘れ物・・・

1時間も無駄にしてしまいました  なんとまあ です

昭和村は 12月の積雪量としては 何年かぶりといった感じでした

矢の原高原の代官清水には行けないので 途中 白森清水で水汲みをしてから

窯場の駐車場づくりです

IMG_0073.jpg

IMG_0075.jpg

すべて手作業・・・ ここまで2時間ほど

IMG_0081.jpg

建物周りの雪の状態をチェックに・・・ スノーシューのおかげでスイスイ?です

     IMG_0082.jpg

軒先では こんなに巻き込んでいるところも・・・

IMG_0083.jpg

雪の上にやっと顔を出している 物干し場です

終了しました

2014年の 三笑窯陶芸クラブのお教室が昨日で終了しました

今日と明日 片付けや準備をして24日から昭和村です

昭和村のファーマーズカフェ大芦家さんの 12月19日付のブログに

屋根に雪を乗せた三笑窯の写真が載っていました

まだまだ降っている様子なので 雪おろし・片付けが心配です

29日には 雪の報告ができると思いますので お楽しみに!!

日曜日のみなさんの作品です

     03.jpg

     04_2014122213311195b.jpg

     05.jpg

     07.jpg

06.jpg

ベルトン

昨日は 横須賀・汐入の教室が終わってから 横浜に出かけてきました

石川町にある ガレット&バー ベルトン です

ちょっと時間が早かったので・・・

image13.jpg

近くの まぐろ屋さんに寄り道 こんな感じも面白いですね

タコとマグロで ほんの一杯だけ ・・・

image18.jpg

いざいざ ベルトン へ ・・・ 

このブログのカウンターが 一万人を超えたので Jと一杯なのです

image15.jpg

思いがけず 近くに住む陶芸家 須斉さんも参加 美味しくて 楽しい時間を過ごしました

image16.jpg

今年の お教室も あと2日 寒い中頑張っていま~す!!

2週間

今年も残すところ あと2週間となりました

暖冬ということだったのに 本当に寒くて雪が早いですね

昭和村の窯場も 早めに雪囲いを終わらせて良かったのですが

廊下の入り口がまだ残っています 雪の吹き込みは大丈夫かな~?

炭窯は ・・・ 炭出しはちゃんと出来るかな~? なんて考えながら仕事をしています

02_20141218103549e4f.jpg

昨日 水曜日のみなさんの作品です

今日は 横浜の ガレット&バー ベルトン を覗いてみようかな

寒いですね

爆弾低気圧に発達するとか・・・雪が降る地域は心配です

今年もあと半月 昨日から今年最終の三笑窯陶芸クラブのお教室

日曜日までのお教室が終わったら 今年最後の昭和村です

01_201412171344082b3.jpg

火曜日のみなさんの作品 今年の仕上げ作品ですね

一週間 寒さに負けず 頑張ります!!

のんびり作っています

昭和村のキヌイさんや克っちゃん先生に 山椒の枝を分けていただきました

すり鉢を作っているので すりこ木にちょうどいいかなと・・・

ギャラリー・りべっつぁに 何本か置いてみました

image11.jpg

両端を削って 穴をあけて 棕櫚縄を通したら出来上がり

皮を削るといい香りがします

土ばかりじゃなくて いろいろなものをいじっています

昨日

昨日は 東京・板橋で 高校時代の友人たちと忘年会

通っていた高校は板橋にあったのです

久しぶりに会った友人たち9人で お寿司屋さんからスナックへと・・・

大ブレークしました  それにしてもスナックなんて なんか懐かしいですね

つい乗せられて マイクを持ってしまい・・・


昭和村のキヌイさん発注の すだれ編み体験治具が出来上がりました

image2.jpg


image1.jpg

一番左のは 真ん中に材料をおいて 編みやすいのではと作ってみました

使い勝手はどうか 今月末の昭和村行きが楽しみです

もちろん 手料理とどぶろく 楽しみですね~!!

文化祭

11月に昭和村の公民館で 村の文化祭が行われました

いろいろ作ったものの展示も・・・

もちろん 9月に開催した陶芸教室の作品も展示されました

IMG_5220.jpg


IMG_5268.jpg


IMG_5272.jpg

少年講座・生涯学習講座・千歳学級講座  勢ぞろいです

陶芸だけでなく 他のものを見ても ものづくり村が伝わってきます

びっくり

11月の末 もう2回も雪が降ったという昭和村で 見つけたのです

IMGP3038.jpg

そうです 蕗の薹 です

IMGP3039.jpg

春に見つけたフキノトウは 美味しいてんぷらやふき味噌にして楽しむのですが

この時期ですもの 「頑張って 来年もヨロシク!!」 の声掛けだけにしました

雪国の今頃 ・・・ 出るんですね

お疲れ様

11月の表彰ものの若い人たち

もう一度 大変な薪の片付け ありがとうございました

CIMG2789.jpg

夜もお酒より 自己啓発

CIMG2791.jpg

残っていたナラの丸太も もう少し

       CIMG2794.jpg

こんな体勢からでも 丸太を割ってしまいます

ゴルフなら相当飛ばすでしょうね!! 大したヘッドスピードでした

12月に行くと この辺りは真っ白かな・・・

冬支度とその合間

薪の片付けの目処がついたので 窯場周りの冬支度です

煙突に雪よけの蓋と 窯場の周りにシートを張り巡らします

IMGP3035.jpg

雪が吹き込まないようにシートだけで・・・  とっても楽な冬支度です

IMGP3037.jpg

煙道の上にもシートをかけて 煙突にもお手製の蓋をして出来上がり

あとは12月に 廊下の入り口に雪よけを作るだけです

合間の夜に こんなものを作りました

IMGP3028.jpg

キヌイさんからの注文で 20cm四方くらいのすだれを編む治具として使うそうです

「やすらぎの宿 とまり木」の体験実習のひとつにしたいとか・・・・

プロトタイプにOKが出て 五つの発注です 納期は12月の昭和村行きまで

報酬は キヌイさんの手料理とどぶろくです  うらやましいでしょ!! 

案山子

最近 全国で村おこしなど いろいろな仕事をしている 案山子

道の駅 西会津でもコンテストをやっていました

IMGP3020.jpg


IMGP3021.jpg


IMGP3022.jpg


IMGP3023.jpg

なかなか雰囲気があるもの 思わずクスッ!!のもの リアルなおじさんも!!

案山子も職域が広がって 大変ですね

炭焼き

10月に焼いたふた窯分の炭出しと 新たな炭焼きも・・・・

これで炭もゴージャスに使えそうです

IMGP3011.jpg

炭の窯出しです  ドラム缶窯のふたを開けました

いっぱいに詰めたナラ材も 炭になると30%くらいかな 減ってしまいます

IMGP3013.jpg

それでもチャ子ちゃんとコール君 ドラム缶窯2基で こんなに・・・

IMGP3024.jpg


IMGP3025.jpg

冬の安心とピザ焼きのために 頑張ってあとふた窯火を入れました
 
IMGP3041.jpg

煙突から出る煙の温度が80℃を超えると 自然(じねん)に入った証し

空気の取入れを煙突と同じ面積にして 待つことおよそ8時間

煙が煙突から10cmほど離れて 透明な青になると出来上がりです

煙突も空気孔も密閉して 15時間ほどかけて自然消火を待ちます

でも今回のチャ子ちゃん ご機嫌ナナメで 窯を閉めるのが遅くなり

夜10時のつもりが夜中の3時過ぎ・・・

12月 昭和村の最初の仕事は炭出しになりました

ワラ灰

窯焚きのときに作品の下に敷くため と思ってもらった大輔君の稲ワラは モチワラでした

うるち米のワラは またもらうことにして ワラ灰にして釉薬を作ることに・・・

IMGP3009.jpg


IMGP3010.jpg


IMGP3040.jpg

あんなにあったワラも灰になると たったこれだけ ふた袋

いろいろな豆の茎や殻 そば殻や茎 ・・・・

村の人からいろいろなものをもらっての釉薬づくりも楽しみのひとつです

忘年会

紅葉 紅葉 なんて思っていたら あっという間に忘年会シーズンですね

三笑窯陶芸クラブも 昨日 お教室で忘年会を開催しました

IMGP3067.jpg


IMGP3072.jpg

こんなに大勢参加してくれ 早くも 来年の窯焚き参加の話やら

新年会の話やらで 楽しく大いに盛り上がりました

ひと安心

薪までできなかったナラ材は 丸太をスライスした状態で積んでありますが

ひとまず 薪の始末がつきました

IMGP3003.jpg

釜場に積んだナラ材 冬場の薪ストーブも安心です

IMGP3002.jpg

反対側に積んだ アカマツ

IMGP3031.jpg

アカマツ ふた窯までは ちょっと足りないかな

IMGP3032.jpg

ナラ材も 全部スライスして積み終わりました

これで いつ雪が来ても ひと安心です

わけぇもん

体力と機械を駆使して頑張ってくれた「わけぇもん」

 あれだけ大きな薪の山が どんどんと・・・

ショベルカーに付けて試した 新しい爪の威力もなかなかのものでした

IMGP3000.jpg


IMGP3001.jpg


IMGP3005.jpg


IMGP3007.jpg
プロフィール

三笑窯陶遊

Author:三笑窯陶遊
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR