ありがとうございました

今年も残すところ 今日一日となりました

904

横須賀で 奥会津で いろいろな方々にお世話になりました ありがとうございました

今日で巳年の飲み納め  飲みすぎないように美味しく頂きます

来年も宜しくお願い致します 皆さん 良い年をお迎え下さい


お正月を昭和村で過ごして 3日には帰る予定にしています
スポンサーサイト

雪囲い完成

少し残ってしまっていた雪囲いも無事に終了

1882

道路から見たところ

1880

雪かきをして 駐車場を作り 廊下入口の雪囲いも終了!!

1888

台所の窓は木材のラティスを打ちつけました 明りが入っていいですね

この窓は下から2m以上もあります 屋根から落ちた雪が積もって すでに脚立いらずです

1891

煙突の蓋は 抜かりなく前回・11月にバッチリです

1892


窯場のブルーシートに穴が・・・ これもご愛敬???

これで雪囲いが完成です あとはあまり強い風が吹きませんように・・・


昨夜は 高校時代の仲間の集まりがあったのですが やっぱり風邪で欠席しました

なにしろ お正月は昭和村で過ごす予定にしましたので・・・

残念ですが ちょっと大事をとりました

障子張り

なんとなく咳き込みしながら ちょっと熱出ししながら頑張りましたよ!!

障子 6枚も貼りました

1871

1870

1868

貼っている最中の悪戦苦闘場面はお見せできませんが これで部屋が出来上がり!!

隙間風もシャットアウトで いい感じです!!

でも薪ストーブの煙が籠るようになってしまい また一工夫考えなくては!!

煙突掃除で済むかな~??

戻りました

久し振りの真っ白な道 雪の感触を楽しんで走ってきました

今回は4日間と短かったのですが なんとなく調子が悪く

熱を出してしまい 村の診療所に駆けこんでしまいました

幸い インフルエンザではなくて 一安心・・・

でも 障子張りやら 雪囲いの残りやら いろいろ頑張りましたよ!!

1904

1905

1866

お馴染みの 雪景色  50㎝位ですが 締まって堅く重くなっていました 


昨夜戻って来ましたが 今日は東京・板橋で高校時代の仲間と忘年会です

忙しいですね~!!

行ってきます

青い空に 真っ白な富士山 これは冬景色ですね

1857

もう昭和村の窯場には 雪がずいぶんと積もっているでしょうね

27日の夜には戻りますが 明日の朝から行ってまいります

ちょっと短いので 予定の仕事が終われるか心配です

ホワイトクリスマスも楽しみたいし・・・

28日には 高校の同級生の集まりがあるし・・・

頑張って来ま~す・・・!!

陶芸教室終了

昨日で今年の陶芸教室が総て終了しました

短かったような 長かったような1年間 でも無事に終了できました

ありがとうございました

2547

こんな沢山の部品からなる作品を こつこつ作ってきたKさん

焼いてから組み立てていく予定だそうです

どんなものが出来上がるのか 来春の作陶展が楽しみですね

作陶展は 3月に開催できる予定です

なにはともあれ いろいろ片付けをしたら 明後日から昭和村

残っている雪囲いと 障子張り 道の駅巡りです

あと2週間

何が忙しいというわけではないのですが

毎日 あわただしい気がします これは暮れなのですかね・・・

お教室は21日 土曜日で今年の打ち上げ

片付けをしたり お掃除をしたり やっぱり暮れなのですね

2546

みなさん頑張っています・・・

三浦海岸 冬の風物

よく晴れて いいお天気です

太平洋側の晴れ 東北・日本海側の雪 とくれば本格的な冬の到来ですね

晴れた冬の三浦海岸を散歩するのも 気持ちいいですよ

冬の三浦海岸と云えば これ!! そうです 大根干しです!!

寒い潮風に当たって 太陽を沢山浴びて 美味しくなるんでしょうね

2542

向う側に見えるのは千葉県です

2539

2538

明日から 今年最後のお教室週です

21日まで一週間頑張ったら 今年最後の昭和・・・

どのくらい積っているかな~!!!

お散歩

よく晴れて 気持ち良い天気の昨日 東京の上野までお散歩に・・・

前々から見たいと思っていた 洛中洛外図屏風と岩佐又兵衛を

東京国立博物館の東洋館TOPPANミュージアムシアターで楽しんできました

岩佐又兵衛が描いた通称『舟木本』

浮世絵の創始者ともいわれる又兵衛が緻密に描いた京都の人びとを

大スクリーンの超拡大映像で鑑賞できました

1849

きれいになった 上野公園中央

     001

     002

     003

お正月の博物館も興味深そうですよ

1852

帰りはこんな時間に・・・・・

久し振りに上野で寄り道・・・帰りの電車はとっても良い気持ちで乗れました

蜜蜂焼

JR板橋駅 池袋駅のひとつ赤羽よりの駅です

今は埼京線になっていますが その昔は赤羽と池袋を往復する短い線でした

そうです 高校生時代に利用していた駅なのです

高校の帰りに ちょっと甘みを と云うことで よく寄った蜜蜂焼やさん

なくなってしまったんだな~!! と思っていたら見つけました

すぐそばに引っ越して 三代目が元気にやっていました

41

昔は 通学路の角にあった小さなお店で たしかおばあちゃんが・・・

30

早速 懐かしい 白餡と黒餡を ひとつずつ・・・

あの頃は ひとつ20~30円くらいだったかな

蜂蜜たっぷりで美味しかったです

横須賀と板橋 なかなか行けませんが・・・

遅くなりました

忘れていたわけではありません やらなきゃ やらなきゃと思っていたのです

ようやく 陶芸友の会「はまゆう」の作陶展写真をアップしました

もう一度 写真で楽しんで下さい

1733

もう 一か月以上経ってしまいました

1775

山崎講師の作品

1776

これは 新しく作った黒陶窯で初めて焼いた作品

HPは このブログからもリンクしています

三笑窯ホームページ ⇒ 横須賀三笑窯 ⇒ 2013年友の会作品集 です

よりっせの展示

そんなわけで 11月28日は昭和村の陶芸教室を終わらせてから

午後の4時頃西会津町道の駅よりっせに 品物を積んで向かいました

1832

店の中は広く 沢山の商品が並んでいます

1833

棚も約束通り用意され 準備万端でした

早速展示・・・

1829

1831

どうです なかなかいい感じでしょ・・・

西会津道の駅よりっせに行くことがありましたら 宜しくお願いします

帰りは ちょっと買い物をして 温泉に入って 9時過ぎになってしまいました

そうそう 炭焼きもうまくいって 2袋 20㎏近くとれました

これで冬も安心 ピザも沢山焼けそうです

西会津・道の駅

11月27日は 駅長さんの時間が取れるということで 出かけてきました

西会津は 会津若松と新潟を結ぶ国道49号線沿いにあります

それだけに 通る車の量も多く なかなか元気ある道の駅の様です

001

道の駅(よりっせ)は 西会津町振興公社がやっている四つの事業のひとつで

ふれあいゾーン「交流物産館よりっせ」として運営されています

1820

1821

オープン10周年を迎え 展開をいろいろ考えているところに運よく・・・

サンプルを見て 今 入っている陶芸品とひと味違うということで 置いてもらえることに

翌日 陳列棚の準備をしてくれることになり 出直すことにしました

昭和村から西会津道の駅まで およそ1時間10~20分

雪道になったらどのくらい掛るかな~!!

お座敷

昨夜は STC(三笑窯陶芸クラブ)有志での忘年会がありました

場所は お教室の2階

お料理自慢のあ姉さま方のお陰で 美味しく 楽しい時間を過ごすことが出来ました

1843

こういう忘年会なら 毎日あってもいいな・・・


奥会津・三笑窯では 10㎝ほどの高さですが 薪ストーブの周りに床を作って

それなりに 冬を楽しんで快適に過ごしていましたが

さらに快適に過ごすためには 部屋として仕切りが欲しいですよね

本当に頼りになる 安達造園「ソー君」 若い衆を連れて施工してくれました

1807

ほら 床の高さもこんなにあるんですよ

1806

1808

ストーブの周りも ちょっと足を下ろせるようになっています

1809

これで障子を張れば お部屋の出来上がりです

きっと暖かいだろうな・・・

障子張りと 雪景色を楽しみに ご一緒しませんか 

黒陶窯 Ⅱ

そんなわけで 窯焚きやもみ殻投入の迫力ある写真はありませんが

ワクワクする窯出しです

上で密閉している土を取り除いて 棚板の蓋を開けました

1823

こんな感じでした たっぷり入れたもみ殻も上は真っ白な灰に

でも下のほうは燻炭というか 真っ黒な状態で残っていました

そして焚口のほとんどは燃えていましたが 煙突室はしっかり燻炭状態でした

1826

もみ殻に埋まっていた部分は真っ黒に・・・

1825

1827

1828

こんな 面白い景色も・・・もみ殻の入れ方 入れる量 鞘の使い方 等など

ある程度コントロール出来そうな気がします

でも外に作った窯のこと 次のお楽しみは来春かな・・・

黒陶窯

10月に折角やった試し焚き 焚き口と 煙突の改良計画を作りました

出来ることなら年内に もう一度焚いてみたいということで

早速 改良計画の実施です

焚き口 : 空気孔とロストルそして焚き口を設けて 薪を上から投入できる形に・・・

煙突 : 25㎝角×高さ40㎝の煙突室を設け 上に着脱可能な煙突を置く

1812

完成した焚口

後ろの白い四角柱は トタンを板金加工した煙突です

1810

一生懸命 品物を詰めています

1814

もみ殻を被せて 窯詰め完了

この後 棚板の蓋の上から 土を被せて密封したら いよいよ窯焚きです

前回の窯焚きは 24時間ほど掛ったので 最大20時間ほどを覚悟して

昼の12時に火入れ

同じ様に 翌朝の窯閉めを狙って 炭窯にも火を入れました

1816

炭窯 コール君は順調に ほぼ予定通りの時間で推移

ところが ところが 黒陶窯君 順調すぎる推移

一回に1本の薪投入で どんどん温度が上がっていきます

午後の5時には 予定の900℃

あわてて 煙突室と 焚口(火袋)にもみ殻を一杯に詰めて窯止め

お陰で 窯焚きと もみ殻投入の写真は全く抜けました

雪の降る中 徹夜にならなくて良かったけど ビックリしました

でも炭窯を閉めるため 朝の3時に起きる羽目に・・・

うまくいかないものですね

雪でした

一昨日 戻りましたが 昨日は急用で千葉まで出かけてしまい

報告が遅くなりました と 思っていたら今日はもう12月ですね

まだまだ根雪になるところまではなっていませんが

予想通り 雪 ゆき ユキの昭和村でした

1804

1805

まだ 玉切りが済んでいない ナラの丸太もこのまま越冬しそうです

1819

こんな感じで 降っては消え 降っては消え しています

根雪になるのはいつ頃でしょうね
プロフィール

三笑窯陶遊

Author:三笑窯陶遊
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR