しらかば荘

新しい窯を閉める作業が全部終わったのが 26日午前9時

オールナイト窯焚きは 老体にちょっとこたえますね

少し休んで 煙のにおいが染み付いた身体を引きずってしらかば荘へ・・・

温泉はいいですね ゆったり まったり 疲れが取れます

1691

新しい建物 大浴場と大広間に野地板が貼られていました

1694

これから屋根を葺いて 雪の間は内装工事ですね

1695

外は紅葉

日ごとに山の色が変わっていく季節ですね
スポンサーサイト

黒陶用の新しい窯

今回の メインテーマのひとつ 新しい窯の窯焚きです

20時間くらいの窯焚きを予想して 24日の午前7時に火を入れました

窯詰めは貰ってきたもみ殻を敷いて 棚板3枚分です

1683

上の蓋は 棚板を使い 保温と密閉のために土をかぶせました

1684

午後の2時には400度と初めは順調だった窯焚きも

400度を超えたあたりから 大変難しく・・・・

窯に対して煙突のサイズが足りなかったようです

1687

深夜0時 ようやく760度 煙突が小さかったために ずっと還元焼成です

1689

明け方5時 ほぼ目標の850度

7時まで 焚き続け 最後に大量のもみ殻と生の松葉を焚き口に詰め込んで

焚口 そして煙突を密閉しました 

24時間冷まして 26日に窯出しを・・・

1696

パーフェクトではありませんでしたが 黒陶が出来ることを確認できました

煙突部分と燃焼室に改良を加えれば きっと素敵な黒陶が・・・

年内に もう一度トライできるといいな・・・

道の駅

作品を置いて頂けることになった 道の駅を回って来ました

1651

1672

1674

柳津の道の駅 目につきやすい とっても良い場所です

1652

1675

三島町の道の駅

1654

1678

金山町の道の駅

無事に陳列棚に並んだので あとは・・・・ますように!!

秋景色

昭和村の秋味祭りを楽しんでから 昨夜戻りました

実りの秋 紅葉の秋 冬支度の秋 山の村は大忙しです

1705

秋を深めている矢ノ原湿原

1707

1708

ちょっと早めでしたが 秋を楽しませてくれる 矢ノ原湿原でした

作陶展

よこすか陶芸友の会の作陶展が例年通り 開催されます

第17回 よこすか陶芸友の会 作陶展

10月30日(水)~11月2日(土) 10:00~17:00

場所 : 湘南信用金庫久里浜支店4Fギャラリー

     京急久里浜駅前

87

昭和村で焼いた 焼締め陶も多数出展されます 是非 足をお運びください  お待ちしています


明日から昭和村  27日の夜には戻る予定です 

行ってきます!!

試し焚き

ちょっと台風27号で天気が心配ですが

22日から行く昭和村で 新しい窯の試し焚きをするつもりです

うまく黒陶が焼けると・・・ワクワクしています

試し焚きのために いろいろなものを用意しました

80

こんなのとか

84

こんなのや

46

勢揃い

焼き直して楽しんでみたいと思います

もちろん 新しいものも いろいろ作っていますよ

昭和村の秋味

第15回目の 昭和村・秋味まつりが

10月27日(日)に からむし織の里で開催されます

もちろん 新そば 舞茸おこわ きのこ汁など 秋の味覚が盛りだくさん

秋野菜や 新米も・・・

そろそろ 紅葉も期待できるかもしれませんね

001

002

去年も覗いてきましたが  美味しかったですよ  楽しかったですよ

来週 22日(火)から 27日(日)まで 昭和村へ行く予定にしています

秋味まつりを楽しんできたいと思っています

新しい窯の 試し焚きもするつもりです・・・ 乞 ご期待です

しらかば荘

いつも村民価格でお世話になっている しらかば荘・昭和温泉

現在 建て替えの真っ最中!!

敷地内に新しい建物を建てて 来年7月にはオープンの予定だそうです

既に宿泊棟は出来ていて 大浴場と大広間棟が急ピッチで進められています

1657

新しい建て屋が出来上がると 今の建物は壊されます

なんだかもったいないような気もしますね

1660

新たな宿泊棟

1658

躯体が出来てきた 大浴場と大広間棟

1659

後ろに見えるのが宿泊棟です

雪の間に内装工事になるんでしょうね

新しいお風呂 楽しみですね

奥会津の道の駅

とっても強行軍だった 奥会津道の駅への納品

そして土曜日は高校時代の友人たちとの会合

お陰で昨日はたっぷり たっぷりの お休みを・・・

今回 納品させてもらった道の駅は3軒ともに 只見川沿いの国道252に・・・

1654

1655

道の駅 奥会津 かねやま

1652

道の駅 尾瀬街道 みしま宿

1651

道の駅 会津柳津

残念ながら 陳列には2・3日掛るそうで

次回行った時には 陳列された写真を紹介できると思います

帰りには昭和村で からむし織の里とファーマーズカフェ大芦家さんにも

新しく作ったものを 納品させて頂きました

来週 22日からの訪問の楽しみが またひとつ増えました

持つべきは友

奥会津・道の駅 3店舗への納品旅から戻りました

唯でさえ強行スケジュールでしたが 寝不足が重なりました

寝不足の原因は よき友

今年は豊富と云う情報はありましたが・・・

43

44

ちょっと開いたものも入っていましたが どうです

やっぱり持つべきものは友ですね

48

焼いたり 松茸酒を楽しんだり・・・・・・

寝不足になるのは当たり前ですね・・・でも 美味しかったです  楽しかったです

お陰で昨日は 超強行軍!!

間に合いそうです

素焼き 釉薬掛け そして本焼成

大車輪の奮闘で 何とか終わらせることが出来ました

明日の午後には窯出しをして 奥会津へ出発です 我ながら良く凌いでいます

お店に並べるのに プロフィールが必要じゃないかと 急きょ作成

1647

1646

こんなに作ったんですよ!!

1641

簡単な構造で作ってみました・・・

12日(土)は 高校時代の友人たちと会う予定になっているので

ガンバって明後日には戻ります

道の駅

相変わらず 猫の手が欲しい毎日です

現在 昭和村のからむし会館・ファーマーズカフェ大芦家・とあるカフェなどに

作品を置いて頂き販売しています

この 作品を置いて頂く場所を増やそうと 会津地域にある道の駅を巡りました

まず奥会津の金山・三島・柳津 新潟からの入り口西会津

そして 来年7月にオープンする予定の湯川村です

昭和村の奥会津つながりで 金山・三島・柳津には置いて頂けることになりました

雪国の奥会津 11月の紅葉シーズンを境に ひとの動きは大幅に少なくなります

どうせ置くなら 10月の連休前に と云うお店の勧めもあって

大忙しの作品づくり  猫の手が欲しい状況に・・・・

1640

1641

1642

1546

1645

昨夜 素焼きが終わり これから釉掛けと本焼成 これは余裕の笑顔ではありません

10日の朝 窯出しをして奥会津へ・・・ ふぅ~!!

そうそう 来年ですが7月オープン予定の湯川村も置いて頂けそうです

常勝寺は 湯川村の駅長さんからの情報で 訪ねてみたという次第です

勝常寺

会津・湯川村にある勝常寺へ行ってきました

1608

勝常寺は創建は古く 大同2年(807年)徳一上人が開いた東北を代表する古刹

1609

創建当時(平安初期)に作られた仏像が12体も現存しているそうです

1612

1613

これは1300年代に再建された金堂

1617

とっても静かで落ち着いた空間でした 毎年4月には念仏踊りを開催しているそうです

どうしてここを訪ねたかは またあした

やっぱり秋を感じる一番は 食べるものかな

1583

秋の矢ノ原湿原

1578

秋の気配がする山の道には 美味しいものが ・・・ 山栗です!!

水を汲みに行ったときに 思わず一生懸命拾ってしまいました

1631

しっかり干して 炭火にかけて 玄米・山栗雑炊の出来上がりです

お酒に疲れた胃にもやさしくて 美味しかったですよ!!

実りの秋 ・・・ 何度経験してもいいですね!!

3周年

三笑窯は 昭和村に窯を構えて16年になりますが

昭和村にただ1軒のカフェ 大芦家さん

大好評 大人気で 3周年を迎え おやじバンドコンサートが催されました

1626

中央が大芦家マスターの 佐藤孝夫さん  このバンドは33周年だそうです

1628

1630

この写真は 左下の 花器を映したものです

お客様  おそば・ケーキ 本当に美味しいものがあるし いろいろな人に会えるし

     いい場所を作ってくれてありがとう!!

     これなら10年・20年は楽に続くね!!

マスター こんなに楽しくていいのか? と云うほど 楽しくやらせてもらっています
  
     早期退職して本当に良かった!! 奥さんありがとう!!

ということで 7時から9時まで 楽しい演奏会と懇親会でした

新しい窯 続き

U字溝のコンクリートがむき出しなので ほんの気持ちですが

耐火モルタルを塗りました

1635

36

37

とりあえず 煙突のカバーは 炊飯器の内釜です

24

窯の蓋は 棚板を・・・ 棚板の上には 保温と気密のために土をかぶせて焼きます

そして いい黒陶が出来上がる予定です 早く火を入れてみたいなぁ~!!

それにしても ここまで来ると屋根が欲しくなりますね・・・

新しい窯

以前から もう少し小さな薪窯が欲しいと思っていました

そして 苦心しながら なかなか思うようにいかなかった 燻し仕上げ

そんなことを考えていたら 試しの窯を作ってみることを思い立ちました

1587

場所は敷地内の残土で作った山に決めて階段状に・・・ 楽しい土木作業です

焼成室は棚板1枚程度の広さで3段 そして燃焼室の合計4段 

1591

窯の床面・壁面は これまた残っていた大き目のU字溝を切断して使うことに・・・

どのくらい(温度・使用回数) 耐久性があるかは疑問ですが・・・

1618

窯の高さを補うのときれいなスロープにするために

コンクリートブロックを斜めに切断して U字溝の上に並べました

ブロックの切断は ディスクグラインダーと薄いタガネできれいに出来ましたよ

1622

燃焼室の床面を さらに20cmほど掘り込んで段差を35cmほどに仕上げました

煙突は ストーブ用のステンレス製 106φを差し込んでいます

ここまで出来てくると 早く使ってみたくなりますね・・・
プロフィール

三笑窯陶遊

Author:三笑窯陶遊
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR