昭和村陶芸クラブ

26日 木曜日は昭和村陶芸クラブの日

今回は3名の参加ですが 充実した一日でした

5月から参加してくれている 金山の K さん

2回目とは思えないほど 集中して熱心な作品づくり

514

手前のふたつが K さんの作品

8月の窯に入れる予定です

いつものように お昼は昭和村のとれとれ野菜

ナスやら トマトやら ・・・・

昭和村陶芸クラブのお昼は 本当に楽しみです
スポンサーサイト

草刈り

24日 火曜日は 曇り

そんなに暑くもなく 草刈り日和 かな

ビフォー ・ アフター 各2枚

498

499


501


502

すっきりしました  これで来月の窯焚きも安心です

それにしても この広さ すっかり疲れました

祇園祭

23日 月曜日は買い物もあったので 会津田島へ

田島は 祇園祭の最終日で 町中の交通規制

ヨークベニマルにたどりつくのも一苦労でした

495

497

行列や 屋台も楽しんで その上 美味しい 鰊漬けのお店を見つけました

これはもう 国権酒造に寄って純米酒を買って帰るしかありませんね

山の爽やかな涼しさと 鰊漬けと 美味しいお酒 ・・・

暑いです

昨夜と云うか 日付が変わってから 到着しました

と云いますのも 昭和村の朝夕の涼しさ 気持ち良さに引きずられて

昨日は夕方から しらかば荘の温泉に・・・

ついつい 帰りの出発が遅くなってしまいました

481

黒いくらい緑の夏の矢ノ原湿原

484

睡蓮の花が 真っ盛り・・・・

483

昼間の暑さに ポンチェは飛び込んでちょっと水浴びを・・・

私も入りたくなるくらい気持ちよさそうでした

間に合いませんでした

明日 片付けと用事を済ませたら 昭和村に出発しようと思っています

でも 6月に昭和村公民館で開催した陶芸教室の作品

少年陶芸教室の作品が 44点

生涯学習と千歳学級の作品が 30点

素焼き 釉薬掛けまでは終わったのですが 本焼は間に合いませんでした

8月の窯詰め 12日ころには ・・・ もう少し待って下さいね

15

釉掛けが終わった 作品たち

14

素焼きの合間に こんなすり鉢を・・・


今度の昭和村は 窯焚きの準備と 昭和村陶芸教室と ちょっぴり休憩・・・

27日には戻る予定にしています

素焼き

昭和村での 陶芸教室の作品

内側に釉薬を塗って 8月の薪窯で焼く作品などが揃いました

この暑い中 電気窯への窯詰め そして素焼きです

13

来週 月曜日には昭和村へ行きますので

素焼き後の 本焼きも 暑さにめげず頑張らなくては・・・

昭和村の「土」

暑い日が続いて ちょっとまいっています

村の人に聴きながら 少しずつ土を集めては試していましたが

前回行った時に採りやすい場所にある粘土を見つけました

8月の薪窯で試してみます

475

100% 昭和村の土で

474

キノセと昭和村の土を 1:1 で

どんな出来上がりになってくれるか 楽しみです

塩麹 壺

Jから 写真が届きました

塩麹やら 納豆麹やら ニンニク塩麹等などに凝っているJ

塩麹用の壺を 6月の窯で焼きました

自分の壺でつくる塩麹 ご満悦のようです

11


10

美味しくなるように 毎日 かき回しているそうです

ご無沙汰です

実は 所用があって 7日(土)・8日(日)で

会津田島そして昭和村へ 行ってまいりました

一泊の強行軍のあとは 8月の薪窯焚き用の作品づくり・・・

考えてみると 自由につくれる時間が 窯焚きまで2週間ほどしかありません

毎度 毎度 タイトなスケジュールで フゥ~ッ!!です


6月に焼いた陶太鼓に 皮を張りました  いい音ですよ

2

5

8月の 薪窯焚きは 17日(金)~21日(火)を予定しています


矢ノ原湿原

毎月 代官清水を汲みに行く度の矢ノ原湿原を紹介していますが

夏に向けて準備万端 元気・元気の矢ノ原と代官清水でした

2134

2132

416

いつ飲んでも 冷たくて 美味しい 代官清水です

スズメバチ

毎年の 厄介なお客さんが スズメバチ

今年は来ないのかなと思っていたら やっぱり廊下で重低音の羽音

あの羽音は 何度聞いても怖いですね

まずはじめに女王蜂が 徳利を逆さにしたような巣をつくり

そこで働き蜂を何匹か育て 徐々に巣を大きくしていきます

女王蜂だけの時に見つけて退治するのが 一番安全

434

女王蜂が作る 徳利状の巣

夜 暗くなるのを待って巣を落としました 中には元気な幼虫が6匹ほど

134

食べると 美味しいということですが

岩魚の食事に供してあげました

美味しく食べてくれたかな・・・

千歳学級と生涯学習

6月25日(月曜日)は 23日(土曜日)の少年陶芸教室に続いて

昭和村公民館で 千歳学級と生涯学習の陶芸教室

からむし織の糸をつくるときに使うのりつけ碗や 花器 酒器・・・

つくるものは多彩 その上誰もがみんな熱心で とっても楽しく終えることが出来ました

2145

蕎麦打ち先生の長一さん 流石に上手です

板づくりも見てみたかった・・・・ 上手に延ばすだろうな~!!

2146

楽しく真剣な 制作風景

来年もよろしく お願いしま~す

窯出し続き

今回は目論みのひとつとして 窯の真ん中を開け

灰被りになる作品を多くする窯詰めをしました

そのため 火床の面積とともに 窯の中の空間も大きくなったため

窯の温度の不安定さや 薪の投げにくさが出てきたのかな・・・

436

438

439

437

442

他の作品は ほぼ思い通りだったので やっぱり逃がした魚は大きいです

こんな時は かつ丼です

446

やまか食堂のかつ丼 元気になります
プロフィール

三笑窯陶遊

Author:三笑窯陶遊
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR