冬支度

博士山に 薄っすらと雪化粧

冬が 駆け足でやって来ようとしています

三笑窯の冬支度 炭焼きに 薪運び 雪囲い

今回は 冬の間に使う炭を 焼きました

4~5俵ほど欲しかったので 3窯同時に焼くことにしました

ちゃ子ちゃん コール君 炭造君 大車輪です

      炭焼き1       炭焼き2
     3窯同時の煙は見ているだけで楽しいです 今回はナラ材だけを入れました
     ドラム缶窯は 1窯で1俵半ほどの炭が取れます

窯焚きをして 自然(じねん)に入って 窯止め

ここまでは順調に行ったのですが 翌日 窯出しの日が雨となってしまいました

雨乞い ならぬ 晴れ乞いのお祈りもむなしく 雨の炭出しを頑張りました

       炭焼き3         炭焼き4
     怪しい 晴れ乞いの舞          雨の炭出し風景

これで 冬の火鉢は贅沢に炭を使えそうです

それにしても 来年は 屋根を計画しなければ・・・
スポンサーサイト

若松

神奈川や東京での作陶展は 毎年計画していますが

折角 奥会津の薪窯での作品 会津で作陶展を開きたいと思っています

それには 会津若松のギャラリーを知らなければ・・・

なんていう理由をつけて 若松へあそびに行ってきました

まずは 腹ごしらえ いつもの満田屋さんで 

もともと 会津天保白虎味噌  

きれいでしたね テレビCMに出ていたおかみさん 40年くらい前かな

いろいろなお味噌で仕上げる 串焼き 味噌が焼けるいい香りが・・・

田楽味噌 ゆず味噌 じゅうねん味噌 など等など

最近は メニューに パンやソーセージも加わっていました

        満田屋3
    七日町通りで大勢の観光客も訪れる満田屋さん

        満田屋1       満田屋2
    お味噌の器もいいですね  パンもなかなかの美味 身欠き鰊にじゅうねん味噌 たまりません

        串焼き
       味噌を買って昭和村に戻って 竹串をつくって 串焼きの復習をしました
       自分で焼いた炭を使った串焼き 美味しいですね

なんか ギャラリーウォッチじゃなくて 串焼きウォッチになってしまいました

でも来年は ぜひ会津若松で個展が出来たらと思っています

あと一息

漆の葉はもちろん 桜の葉も色が鮮やかになってきています

雑木林は 本当にいいですね

あと一息で 山は錦絵

一週間ほどで 見事な色づきになりそうです

今回の昭和村は 天気に恵まれなかったので

なんとなく 写真もかすんでいます

     紅葉1         紅葉3
     小野川の岩下山です もう少し鮮やかになると本当にきれいでしょうね

     紅葉2        紅葉4

次の昭和村は 11月4週目なので 今年の紅葉は今回で見納めかな

ちょっと残念!!!

一安心

北海道は 季節外れの大雪だったようですが

奥会津でも 博士山と御前ガ岳の頂上付近が 薄っすらと雪化粧でした

紅葉も あと一息  つい先日まで 記録的な暑さと思っていたら

自然は 冬に向かって 駆け足の準備です

冬といえば ラッキーにも雪が降る前に気がついた 窯場の梁の割れ

いない間に 大工さんが 補修と補強を済ませてくれていました

これで いつ雪が来ても 一安心です

                  梁補修1
              下から梁を支える柱を一本

     梁補修2       梁補修3
   柱を抱かせてしっかり補強 梁もジャッキアップしてボルトで縫いつけました

窯場の屋根は 掘立式でつくっているので

奥会津昭和村の 10回を超える冬は きつかったかも知れません

来年は 柱周りを点検して 必要な補強を計画しなければ ・・・

窯場の梁が

ビックリ仰天です

10月~11月は そろそろ雪に備えて窯場の雪囲いを なんていう季節

窯場に入って 上を見上げたら

とうとう雪の重みに耐えきれなくなったのか ・・・

そうなんです梁に割れ目が!!

早速 大工さんに連絡  見ていただきました

ジャッキアップして 割れているところを補強してから

下から柱を 2本立てて支えることに

今頃は多分 補修・補強が終了していると思います

明日から また昭和村へ行ってきますので 帰ったら状況を報告します

        梁1      梁2
      梁に入った割れ目  でも 雪が降る前に気がついて本当にラッキーです


明日からの昭和村は スタディツアーと 昭和村陶芸クラブです

そうそう 先月の昭和村陶芸クラブの作品が焼きあがりました

これも積み込んで 明日出発です

    作品1      作品2      作品3


    作品4      作品5      作品6

どの作品も つくる人の思いが 素直に出ていて 素敵です

帰ってからの報告を また楽しみにして下さい

作陶展

横須賀・三笑窯陶芸クラブの作陶展を11月に開催します

日時 : 11月11日(木)~14日(日)

      10時~17時(最終日は16時30分まで)

場所 : 湘南しんきんギャラリーくりはま(京急久里浜駅前)

      作陶展 今年のメインテーマは 写真にもあるように 蓋物(フタモノ)です

会員ごとに どんな蓋物が並ぶのか いまから楽しみです

期間中 ぜひご来場ください 心からお待ちしています


また 作陶展期間中に 染付・絵付け体験教室も開催します

      カップとお皿 体験教室用のカップとお皿です 

素焼きまでして 準備する予定です

体験教室用の チラシが出来上がったら 紹介させていただきます

興味がある方も ない方も ぜひ体験してみてください

新しい あなたが 見つかるかも・・・


大にぎわい

今年の山は キノコで大にぎわい

キノコ山でも 送ってもらったマツタケも 美味しく頂きました

 キノコ  道端でも こんなに可愛いキノコが  でも これは食べられません


賑やかといえば 10月前半の 奥会津三笑窯も 大にぎわいでした

織姫OGが友人と 家族連れで 四泊五日の大旅行に やって来ました 

大人6人 子供6人 犬1匹   そのパワーのすごいこと!!

        来てうれしい 帰ってうれしい 孫家族 ・・・ よく分かりました

      子供1        子供2


      子供3        子供4


      子供5        ヘカチ
      やっぱり 静かにするには      戸惑いのヘカチ(名前です)
      粘土細工です

でも 大勢人が集まるって いいですね

からむし織の里

「からむし」は苧麻(ちょま)とも呼ばれる イラクサ科の多年草植物

上布用の原材料として 本州では唯一 昭和村で栽培が続けられていて

600年もの歴史があるそうです

昭和村には「織姫制度」なんていう 魅力的な制度があって

からむし織に興味がある若者を 全国から募集しています

この制度の元気が 織姫の元気が 村のばっちゃんの元気の源でもあるように思います

先日の 大芦家さんでも

布製のコースターを手に取った ばっちゃん達

「横糸がどうの・・・」 「たて糸がこうの・・・」 「ワが織るなら・・・」

自分たちもやっている からむし織の話で 目を輝かせていました

見ていて 聞いていて とっても素敵です


昭和村「からむし織の里」は 「織姫交流館」「からむし工芸博物館」「苧麻庵(食事処)」の

三つの建物で構成されています

その織姫交流館に 三笑窯の陶器コーナーを 設けて頂いています

12日に 訪問したら ちょうど織姫3人が 苧積み(おうみ)の様子を 見せてくれていました

苧積みは つくりたい糸の太さに合わせて繊維を裂き 毛羽立ったり

つなぎ目が太くならないように 縒り合せて繋いでいく

もう 本当に 根気と熟練のかたまりです

織姫の一人が つくった糸を 糊にくぐらせるときに使う 糊付け椀を使っていました

そうです 村役場で開いた今年の陶芸教室で 織姫が自分でつくった椀です

自分の手に合った道具を 工夫してつくって使う 

なんか 見ているだけで うれしくなってしまいます

       織姫交流館        陳列棚
     からむし織の里 織姫交流館      三笑窯コーナーです

       苧積み         糊つけ椀
        苧積み風景                 糊つけ椀

又さんとランチデート

お昼ころは 混んでしまうということで 11時半に

ファーマーズカフェ「大芦家」さんで 待ち合わせました

お昼には 私たちも含めて14人のお客様という盛況ぶり!!

早く来てよかったです

        又さんと            高遠そば
     又さんと並んで お昼!!  後ろの女性は孝雄さんの奥さん(ママさん)です

     お昼に食べた高遠そば  孝雄さんの修業の成果 とっても美味しいおそばでした

        メニュー2            メニュー1
       村の食材  心がこもった手づくり  手ごろな価格  云うことなしです

       機会があったら ぜひお寄りください (火曜日は定休日です)

その上に また陶器をお買い求めいただいた方が いたということで

本当に 美味しくて うれしい ランチデートでした

キノコ山のこと

10月10日は 明け方まで続いていた雨も ようやくあがってくれました

今日は 畑小屋へ行って キノコ山をやります

かつては木地師の集落だった 畑小屋も 今は 2軒を残すだけ そのうちの1軒に住む

又さんは 木地師の末裔で実際に 木地師の生活を経験してきた 小椋又一さんです

朝から  「早く始めねば」と 又さんから電話がガンガン

早速準備に 畑小屋へ ゴー!!

      大芦から山神           山神から大芦
  畑小屋へ向かう途中 大芦から山神平方向と 逆向き大芦方向の風景 稲が輝いてきれいです

シイタケとナメコは準備できたので シメジを 又さんにお願いしました

天然シメジ シイタケ ナメコ 大根 白菜 豆腐にお肉・・・ 味噌味と醤油味

もちろんビールも 考えただけでも たまりませんね!!

      かまど           準備
  火をおこして 川に大根と白菜洗いに!!   準備も佳境です

        又さん             おいしく
  美味しくなるように見守る 又さんと 太鼓を打つ Tちゃん  後ろに見えるのは又さんの家です

大勢で 屋外で キノコ山なんて 贅沢ですね 

        又さんと弥吉さん
       山をバックに 美味しそうに語る 又さんとY吉さん

天気にも恵まれ 美味しく 楽しく ゆったりと過ごしました

贅沢ついでに もうひとつ 今日の畑小屋のキノコ山は 生演奏つきでした

      ウクレレ           演奏
      どうです 素敵でしょ!!     

明日は ファーマーズカフェで 又さんとランチデートの約束です

山の水源

以前に書きましたように 三笑窯に水道は来ていません

洗いものや洗濯には 山から水をパイプで引いてきています

少し浄化したり 煮沸すれば 飲んでも料理でも OKですが

そこは 美味しい湧水が豊富な昭和村

飲み水や料理用は 湧水を汲みに行って使っています

その山からの水が止まっていました

大雨が降ったので 土砂が詰まったのだと思います

早速 多少の工具と 補修材を持って 藪漕ぎです

     水源1         ミッション終了
    山の水源です  小雨の中 簡単な掃除で ミッション終了 ラッキーでした いぇ~っい!!
    あとは ごみ除けの屋根をかぶせるだけです

ラッキーには ラッキーが重なるもの

三笑窯の近所にある キノコ園の五十嵐さんが 

     シイタケ        シイタケ
    大きなシイタケです  香りよし 硬さよし 炭はOKで 云うことなしです

小雨でしたが折角なので キノコ園の見学に・・・・

見つけました 見つけました キノコ山の材料にもグッドな 丸ごとナメコの切り株です

      ナメコ1      ナメコ2  
     表も裏も ナメコだらけ  採るのにひと苦労しました でも美味しそうですね

キノコ園の奥の斜面からは 大芦の集落が見渡せました

上から見ると また感じが違いますね

      赤坂山から3      赤坂山から1      赤坂山から2
     小雨に煙る 大芦の集落と 秋の田んぼです  刈り取って並べられた稲わらがきれいでした

明日 10日は畑小屋で キノコ山の予定です

晴れてくれますように!!

10月9日のこと

明日のキノコ山がちょっと心配な 雨の10月9日でした

午前中に気になっていた ファーマーズカフェ「大芦家」さんへ

さすがです もう村のばっちゃん達の待ち合わせ場所です

携帯片手に 「大芦家さ いるから 早く来」・・・・

マスターご夫妻の人柄かな

     大芦家1      大芦家2      大芦家3
      大芦家マスター 佐藤孝雄さんと お店の内部です  木の空間がとってもおしゃれです

     大芦家4
    お店の棚に 山ぶどうの蔓で編んだかご等と一緒に陶器を置かしていただいています

今日までに 一輪差しやマグカップが いくつか売れていました

その上 お店にいたおばあちゃんに「急須もいいな」なんて アドバイスもいただいて 感激でした!!

大芦家さんは また少しずつゆっくり紹介していきます

雨が弱くなったので 今日は これからまた山の水源地の補修に行ってきます

キノコ

今年のキノコは 本当に出来が良いようです

マツタケも 価格が半分以下になって

売る人は嘆くけど 買う人は思わず笑顔

なんていう現象が 全国的に起きているようです

そして我が家にも その恩恵が・・・・

伊那に住む友人 よんちゃんから 送られてきました マ ツ タ ケ が !!

10本もですよ

マツタケ焼きに土瓶蒸し バター焼きにマツタケご飯 天麩羅にお吸い物

しばらく 楽しみます

    マツタケ
   写真だけでスミマセン!! かたちが良くて大きかった 3本はすでにお腹におさまりました

伊那のマツタケも 大変美味です

今日から

10月の奥会津といえば キノコ山

鍋に入れたキノコが ぐつぐつと たまりませんね!!

明後日 10日の日曜日に昭和村の 畑小屋というところで

キノコ山の予定です

そんなわけで 今日から また昭和村に向けて ゴーです


11月の 陶芸クラブ作陶展に合わせて 絵付け・染付の 体験教室を予定します

カップとお皿を 素焼きにして 絵付けと釉薬がけを 

興味がある方に 楽しんで頂こうと 準備しています

         絵付けカップ
       カップを50個ほどひきました 手前の白いカップが 焼成後の大きさです
       もう少しひいたら お皿も造る予定です 
       素焼きにしたら また紹介します


そんな準備をしつつも 昭和村へ行ってきま~す

13日頃には 帰る予定ですので また 楽しみにして下さい

日曜大工のこと

日曜大工というと 椅子を作ったり 棚を作ったり

奥会津三笑窯 ビフォーの写真がなく 変わり映えを見てもらえませんが

頑張りました!!

春から秋はいいのですが 三笑窯の壁は 素人がはった むき出しのトタン板

ところどころに空いた穴から 雪の景色も 隙間風も!!

薪ストーブを焚いても 炭を豪華におこしても

外と同じスタイルじゃないと その寒いこと 雪国です

去年の秋 一念発起して 住空間の改善に取り掛かりました

一階の整理整頓 ゴミ捨てと焼却 

ようやく出た壁面に断熱材を入れて 壁張り 整理用の棚作り

雪に埋もれた三笑窯 壁が出来るごとに 寒さが来る方向が変わります

少し快適になって 大好評  冬の陶芸教室も乗り切れそうです

     日曜大工Ⅱ
    階段下 壁を張り棚を造りつけ 出てきた大きな土練器も棚にうまくおさまりました
    トタン板がむき出しのころを思い出せません

     日曜大工Ⅰ
    食糧保存のための棚 虫対策に扉や引き出しも 右側は水タンク専用の棚です

     日曜大工Ⅲ
    少しおしゃれな棚もつくってみました

ものを置くと そこがもの置き場!! というわけで

整理整頓すると 広く使えますね  ぜひ成果を見に来て下さい

さてさて 次は何を造るかな・・・

大芦の一日

昭和村陶芸クラブの Tいちさんに教わりました

「俺たち 子供のころ 矢ノ原湿原に登って行くところの川の淵で

粘土をとって 良く粘土遊びをしたもんだ」

粘土です  粘土 !!

早速 現場確認 ・・・

今では護岸工事もできて 木や草が生い茂り

粘土が露出しているところはありませんが 少し掘って

早速サンプルをいただきました  

そこから 大芦の集落を眺めると 

川の向こうに 田んぼの稲が色づき 山を背にして集落が見わたせます

落ち着く風景です

      大芦集落
     川と色づいた田んぼ そして 山を背にした大芦集落 ピースフルです


帰りに ちょっと寄った家では キビやアマランサスの実を落として

干す作業に大忙し

さっきの風景といい この風景といい 農村の原風景ですよね

お茶をいただいて 帰りました

      アマランサス
     庭いっぱいにゴザを広げて!! 今 落としている実はアマランサスです
     アマランサスは鉄分も多く含み ○穀米として炊くにはとてもよいそうです


そうそう 今日は10月2日

昨日 10月1日に「ファーマーズカフェ 大芦家」がオープンしました

マスターの1年間のそば打ちと コーヒーたて修業

奥さまの手作りケーキや料理 とっても落ち着ける空間です

そればかりではありません

昭和村の「イロハ」から興味深く勉強できます

機会がありましたら 是非お立ち寄りください

じつは 三笑窯の作品も少し展示させていただくことになっています

次の奥会津行きでは お店の中も紹介したいと思います

      大芦家2
     ファーマーズカフェ 大芦家  お店の中やお料理 佐藤孝雄ご夫妻を紹介するのが楽しみです


10月といえば 昭和村は キノコ山

キノコを採って お鍋を持って みんなでワイワイ

10月10日か11日に 予定しています

戻ったらまた紹介します お楽しみに !!
プロフィール

三笑窯陶遊

Author:三笑窯陶遊
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR