炭焼き

10月 昭和村での目的の一つ 炭焼き

幸い 天気にも恵まれ 薪割りから炭焼きまで 楽しみました

1597

薪割りも 紅葉を楽しみながら

2927

2928

さすが油圧の威力 こんな太さにも負けません

2933

煙を上げる ちゃ子ちゃんとコール君

火を燃やすこと約6時間 自然させること約10時間 そして冷やすこと15時間

2934

炭が出来上がりました

これで冬の火鉢は安心です
スポンサーサイト

炭焼き窯のこと

これまで何度か炭焼きを紹介してきました

実用はもちろんですが 木の実や枝 いろいろなものが

小さくなって 炭に変身するのは 本当に楽しいし 不思議です

セルロースを含むものは なんでも炭になるそうです

おからで形をつくって 焼いてみるのも面白そうですね

それはさておき 

奥会津・三笑窯には三機の ドラム缶炭窯が設置してあります

ちゃ子ちゃん・コール君・炭造君です

ちゃ子ちゃんとコール君は ドラム缶を横に置く 横型機

そして 一番新しい 炭造君は たてにして設置してみました

煙突も4本取り付けた ユニークな形です

炭材もたてに入れるので 花器にしてみたい竹などを焼くのにグッドです

この炭造君の構造を簡単に ホームページに載せました

HP表紙の What's New!! または 奥会津三笑窯のページからどうぞ!!

      炭焼き     かぼちゃ     竹炭
          煙をあげる奥会津三笑窯の炭窯と 飾りにもなる いろいろな炭たち


いよいよ 今年も あと2週間

年賀状も考えなくちゃ

冬支度

博士山に 薄っすらと雪化粧

冬が 駆け足でやって来ようとしています

三笑窯の冬支度 炭焼きに 薪運び 雪囲い

今回は 冬の間に使う炭を 焼きました

4~5俵ほど欲しかったので 3窯同時に焼くことにしました

ちゃ子ちゃん コール君 炭造君 大車輪です

      炭焼き1       炭焼き2
     3窯同時の煙は見ているだけで楽しいです 今回はナラ材だけを入れました
     ドラム缶窯は 1窯で1俵半ほどの炭が取れます

窯焚きをして 自然(じねん)に入って 窯止め

ここまでは順調に行ったのですが 翌日 窯出しの日が雨となってしまいました

雨乞い ならぬ 晴れ乞いのお祈りもむなしく 雨の炭出しを頑張りました

       炭焼き3         炭焼き4
     怪しい 晴れ乞いの舞          雨の炭出し風景

これで 冬の火鉢は贅沢に炭を使えそうです

それにしても 来年は 屋根を計画しなければ・・・

ウオーミングアップ Ⅱ

夏休みの自由研究   懐かしいですね

窯詰めに一緒に来ていた 横須賀の小学生 Yちゃんの自由研究に

窯焚きウオーミングアップを兼ねて 炭窯を焚くことにしました

ナラ炭材の間に 穴を開けた缶に かぼちゃ・トウガラシ・タケノコ

レンコン・くるまぶ・等などを入れて 準備した窯に 午前7時に火を入れました

煙の色や 臭いを観察しながら 薪をくべて 窯を焚くこと 5時間

さすが ドラム缶窯 12時には 自然に入りました

薪の供給は終わりにして 焚口を煙突程度の大きさに 小さく絞ります

煙が 黄色くなった!!  臭いが強くなったね~!!

あっ 煙が 青くなってきた!!

観察すること約5時間 午後5時に 少し早めですが窯を閉じました

窯を密閉して冷やすこと 15時間

さてさて 出来上がりは・・・・・

        粘土こね
      楽しい 楽しい 粘土こねです
      捏ねた粘土を 団子にして 煙が漏れているところに貼り付けます

        粘土をペタ
      粘土をペタッ  もう漏れてくるところはないかな

        窯止め
      窯止めです  焚口を粘土でしっかりふさぎます
      この後30分たったら 煙突も濡れタオルと アルミホイルでふさぎます

        作品
      かぼちゃ・トウガラシ・タケノコ・レンコン・くるまぶ・竹・・・
      竹をお皿にして 乗せてみました

いい自由研究が出来ました

竹のこと

炭造君で焼いた竹 実は 葉山産の孟宗竹です

自然豊かな 奥会津昭和村ですが 標高700mを超える高さのせいか

竹が見当たりません

横須賀三笑窯がある三浦半島では 竹林も多く 風情ある風景を作っていますが

なかなか手入れが行き届かない竹林は 荒れてきています

そこで活躍しているのが 三浦半島「竹ボランティア」の皆さん

今回お世話になったのは 70人ほどのグループで 数か所の竹林の

間伐・整理・整頓などの管理をしています

この間伐した竹をいただいて 葉山から昭和村に運びました

竹ボのみなさん ありがとうございました!!!


炭造君で 竹炭を焼いたので

ちゃ子ちゃんとコール君で 火鉢用の炭を焼きました

                   ちゃ子&コール
             炭造君に負けじと煙を吐く ちゃ子&コール

炭材はナラを使いました

これで 秋までの炭は万全です
プロフィール

三笑窯陶遊

Author:三笑窯陶遊
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR